アフターコロナは遠隔教育やテレワークなどのテーマ株を狙おう

リモートワーク

アフターコロナでどの株が狙いどころになるのかが気になっている人も多いでしょう。
新型コロナウイルスの影響は株価に大きな影響を与えてきましたが、今後も新たな影響を及ぼす可能性が十分にあります。
アフターコロナでは遠隔教育やテレワークなどのテーマ株が注目株です!
なぜこのような株が注目に値するのかを知っておきましょう。

遠隔教育やテレワークとは

遠隔教育やテレワークのテーマ株が注目される理由を理解するには、まず遠隔教育やテレワークについて知る必要があります。
遠隔教育とは、PCやスマホなどからWEBを利用して自宅からでも授業を受けられる学習サービスを指します。
テレワークについてはコロナ過でかなり普及したので知っている人も多いと思いますが、遠隔教育の仕事版で、社会人がオフィスで働くのではなく、自宅などのオフィス外で働くワークスタイルです。
コロナ禍の影響により、3密を避けながらも学習や業務を円滑に行えるようにする方法として有用ということで、このような学習の仕方・仕事のやり方が広まってきました。

遠隔教育やテレワークのテーマ株とは

遠隔教育やテレワークのテーマ株は、この二つの動きに関連する事業を推進している企業に着目したものです。
一般家庭向けの教育サービスを遠隔教育で提供することにした企業や、法人向けに人材教育のリモート研修サービスを開始した企業が主に該当しているわけではないので注意しましょう。
株でこれから伸びると期待されているのは、遠隔教育やテレワークを実現するためのインフラストラクチャーの提供や効率化するための新規技術の開発をしている企業の株です。
つまり、WEB会議システムや動画配信システム、AIによる学習教材などの開発を進めている企業がテーマ株に含まれています。

アフターコロナで注目される理由

遠隔教育やテレワークのテーマ株がアフターコロナで狙い目として注目されているのはリモート中心の新しい生活様式が生まれると考えられているからです。
企業でも次々にリモートワークを取り入れていますが、業務が停滞して苦労しているケースも少なくありません。
学校でも遠隔教育の取入れを検討しています。
その状況で新規開発したシステムがスタンダードの通信システムとして採用されると株価の急騰が起こると期待されるため大きな注目を浴びているのです。

遠隔教育やテレワークのテーマ株に期待しよう

アフターコロナで新しい生活様式を取り入れざるを得ない一般の人、企業が遠隔教育やテレワークに期待を寄せていて、まさに活用の方法を模索しているのが現状です。
ここで新しい技術が生み出されて採用されれば大きな躍進になります。
遠隔教育やテレワークのテーマ株はアフターコロナでは大きな期待を寄せられる注目株となっているのでこれからも目が離せません。

関連記事
コロナウイルス
2021年はバイオや遠隔医療などのテーマ株を狙おう

株式投資には、ファンダメンタル投資をはじめとして様々な投資手法があり、投資目的や市場環境に応じて、それらをうまく使い分けることが重要です。で...

記事を読む